カリスマ起業家に共通する13の習慣

こんにちは。
金川顕教です。

 

自身の経験や体験からファイナンス系の専門書を手掛ける
トーマス・C・コーリー氏が、5年間の研究で明らかにした
“億万長者になった人に共通する13の習慣”について
シェアしていきたいと思います。

 

コーリー氏は著書のなかで、
「成功するか否かは習慣が決定づける」と
仰っています。

 

さて、その習慣とは?

 

1.読書し続ける

お金持ちは娯楽よりも学ぶことを好みます。コーリー氏は「88パーセントの富裕層が、
毎日30分もしくはそれ以上の時間を読書や自己投資に費やしている。そして、
ほとんど娯楽のような読書はせず、新たな知識を得るための読書をしている」と
述べています。主に成功者や事業家の自伝、自己啓発書やビジネス書、もしくは
歴史書などを読むといいます。

 

2.運動をする

76パーセントの億万長者は、毎日30分以上の運動をすることが調査により明らかになっています。
ランニングやウォーキング、サイクリングなどの有酸素運動をしています。
有酸素運動は体にいいだけではなく、脳にもいい影響を与えます。

 

3.他の成功者たちと共に過ごす

富裕層の人たちは目標に向かって頑張る人、楽観主義な人、情熱的な人、常にポジティブな人たちと
共に過ごしています。
同時にネガティブな人とは距離を置きます。ネガティブやマイナス思考は伝染するため、
あなたを成功から遠ざけてしまいます。
自分が普段一緒に過ごしている人5人の平均が自分だといわれています。
つまり、お金持ちになりたければお金持ちと過ごす時間を作らなければいけません。

 

4.目標にこだわり続ける

自分の夢や目標を追い続けると、長期的に大きな幸せを手に入れられるといわれています。
あまりにも多くの人が自分のゴールではなく、他人のゴールに向かうという
大きな間違いを犯してしまっています。
1番多いのが、親に押し付けられた夢を追うという愚かな間違いです。
お金持ちは自分の夢を明確に持ち、それに向かって貪欲に、そして情熱的に追いかけ続けます。

 

5.早起きをする

自力で億万長者になった人たちのうちの半数近くの人が、
毎朝少なくとも仕事を始める3時間前には起きるといいます。
日常の様々な不測の事態に振り回されないように、毎朝5時に起きてその日にやるべき最も重要なこと
3つを朝のうちに終わらせましょう。
すると、自分自身の人生を自分でコントロールできるようになり、やらなければいけないことを確実に実行できるので、
人生をより良いものにしていくための自身につながります。

 

6.複数の収入源を持つ

自力で億万長者になった人たちは、1つの収入源だけを頼っている訳ではありません。
彼らは皆、複数の収入源にレバレッジを効かせ、いろいろな収入が入る仕組みを構築しています。
大富豪の65パーセントは億万長者の仲間入りをするために、少なくとも3つの収入源があるといいます。
サイドビジネスやオーナー業、不動産投資など、誰もが取り組むことができるものです。
つまり、億万長者になるきっかけは誰もが持っており、それを効かせられるかということになります。

 

7.メンターを見つけ、メンターに学ぶ

コーリー氏は「メンターを見つけることは、富を得るための最短ルートである」と述べています。
「成功者たちはあなたの人生において、簡単により多くの影響を与えます。成功者たちは、
あなたに何を行うべきで、何を行うべきでないかを継続的に教えることで、あなたが成功者の
仲間入りをすることを応援してくれます。成功者たちは、彼ら自身がメンターから学んだことだけでなく、
実体験から学んだことを教えることで、あなたと価値ある人生の教えを共有してくれます」と
コーリー氏は続いて述べています。

 

8.常にポジティブ思考である

「長期的な成功は、あなたがポジティブなメンタルを持っているときのみ、手に入れられる可能性がある」と
コーリー氏はいいます。彼の研究によると、自力で億万長者になった人全員の共通点が、
ポジティブであることだったのです。

 

9.大多数と群れない

私たちは社会に溶け込むことを強く望み、他人と違う行動を嫌い、横並び認識を持っています。
しかし、周りと同じ行為をすること自体が、自分を成功から遠ざけていることを認識しなければいけません。
周りと同じ行動をして成功した人は誰もいないのです。
成功者たちは自分で新たなコミュニティをつくり、大多数の人たちと距離を取ります。
もし、あなたが成功していたいのならば、成功している人たちのコミュニティを見つけ、
そのコミュニティに入り込む努力をしなければ、成功を手に入れることはできません。
成功者は自分で選ぶのではなく、既に成功している人たちが選び出すのです。

 

10.礼儀作法をわきまえている

自力で億万長者になった人たちは、エチケット、マナー、礼儀作法といったものを熟知しています。
お金持ちになりたければ必ず身につけなければいけません。
テーブルマナーやドレスコードなど、日常生活のありとあらゆる場面のマナーを学ばなければなりません。

 

11.他人の成功を助ける

他人の夢や目標を実現することを後押しし、成功を手助けすることは、自分自身が成功に近づくことを
大富豪たちは知っています。あなたが成功するための最も近道だといえるでしょう。

 

12.毎日15分から30分、考えるだけの時間をつくる

思考は、成功の非常に重要な鍵となります。
富裕層たちは、毎朝少なくとも30分は1人になって考える傾向があります。
彼らは多くのことについて毎朝ブレインストーミングをします。考えることは、
自分の経済力についてや健康、チャリティ、キャリアなどについてです。
「もっと稼ぐためにはどうしたらいいのか」、「十分に人生を楽しんでいるか」など
自問自答するといいです。

 

13.フィードバックを求める

多くの人が批判されるのを恐れて、フィードバックを聞くことを避けてしまいます。
しかしフィードバックは、自分が何ができて、何ができていないかを明確にするために、
非常に有効な手段です。フィードバックは、あなたが正しい方向を向いているかを確認させてくれます。
批判や、いいフィードバックも悪いフィードバックも自分が成長するためには非常に重要な要素です。
また、既に成功している人たちからフィードバックをしてもらうことで、成功するために何が必要であるかを
教えてもらうことができます。

 

如何でしたか?
私金川顕教も実践していることばかりです。
成功するための1番の近道は成功者の真似をすることです。
ですから、これらの習慣を身につけるだけで、
きっとあなたは成功することができるでしょう。

 

金川顕教

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

金川顕教 プロフィール



株式会社Social River代表取締役。
三重県生まれ、東京都港区在住。

中学校のころ両親の離婚をきっかけにグレてしまいヤンキーになる。勉強は一切やらず、偏差値は35。しかし、そこから奮起し驚異の猛勉強。2浪を経て立命館大学に入学。大学在学中に三大国家試験、公認会計士の試験に合格、のち世界一の会計事務所デロイトトウシュトーマツに就職。「これで自分の人生はバラ色だ」と満足するも、3年後、「もっと自己成長して、自由になりたい」と考え始める。

そこから起業を考え始め、副業を開始するとなんと給料の10倍を稼いでしまう。これを機に、副業開始から4ヶ月後に会社に辞表を提出し、起業。
事務所なし、従業員なしの「一人会社」は年々売上をのばし、3年間で2億6600万円を売り上げる。今期で4期目を迎え、年商は5億円を見込んでいる。サラリーマン時代では想好きな時に、好きな人と好きなことをする、自由を日々満喫している。

2016年には初の紙の本「チェンジ~人生のピンチは考え方を変えればチャンスになる! ~」を出版。アマゾン本総合ランキング10位(漫画、絵本含め)、アマゾンビジネス部門1位、アマゾン本レビューランキング1位を獲得。店頭の書店では、総合ランキング1位と多くの人にその価値観が受け入れられている。都内の電車内や日経新聞でも著作が紹介され、もはや知らない人の方が少ないかもしれない。
電子書籍は月間ランキング1位、更に4冊の書籍は常にランキング6位以上を独占、累計6万部を優に超え、サラリーマンの多くに多大な影響を与えている。

あなたは「天才的なセンスを持ってるんでしょ、私とは違う」とわたしの印象を持つかもしれない。しかし、わたしの人生は、実際に山あり谷ありで誰よりも過酷だ。両親の離婚問題、偏差値35からの大学受験、養子問題、心はズタズタになるまで攻撃され、誰よりも精神的なピンチを味わってきた。それでもわたしは、『ピンチはチャンス』を合い言葉に逆境を乗り越えてきた。
わたしはあなたにもどんな逆境にも負けずに成功を勝ち取って欲しいと思っている。その活動の一環であるメルマガでは購読者が1万9千人を突破し、その教えで実際に成功を収めるものは数知れない。


現在は起業家の育成、経済的な自由という同じ志を持つコミュニティー運営に力を入れている。
PAGE TOP

8000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。