やりたいこととやりたくないことを可視化してみよう

こんにちは。
金川顕教です^^

 

あなたの生産性を上げるために
作っていただきたいものがあります。

 

それが「今すぐやめるリスト」です。

 

「今すぐやめるリスト」によって
自分がやるべきタスクを減らすことができるので、
今よりも自由な時間を増やすことができるでしょう。

 

まずは、あなたが「やめたい」と思うことを
箇条書きにして書き出してみましょう。

 

難しく考える必要はありません。
仕事のことでも、プライベートのことでも何でもいいです。

 

次のように、
やりたくないと思っていることを書き出してみてください。

 

・掃除
・先翟
・会社で働くこと
・今以上に飲みに行くこと

 

書き終わったら、
「今すぐやめるリスト」を最初から見直してみましょう。

 

よく見てみると、
「今すぐやめられるもの」と、
「今すぐには無理でも、いつかやめたいもの」に
分けられますよね。

 

例えば、
「今以上に飲みに行くことを止める」というものは、
止めようと思えば自分の意思次第ですぐに止められます。

 

このように「今すぐやめるリスト」を作ることによって、
すぐにやめられるものが可視化できるため、
「自分が無駄な時間を過ごしている」ということを自覚でき、
無駄を省いていくことができるのです。

 

これが時給思考で生産性を上げることに繋がります。

 

他にも例えば、仕事やプライベート、
自分でなくても他の人ができる仕事ってありますよね。

 

多くの人は、自分でできることは、
全て自分でやろうとしてしまいます。
自分がやらなくてもいいことまで、
「自分ができるから」とやってしまうと、
結果、忙しくなり自由な時間がなくなってしまうのです。

 

しかし、これではいくら時間があっても足りません。
だからこそ自分でなくても他の人に頼めることは、
他の人に仕事をお願いするようにしましょう。

 

例えば仕事の細々とした事務作業を部下(後輩)にお願いしたり、
上司に判断してもらったほうがよさそうなことは、
積極的に上司に相談したりするなどが挙げられます。

 

これは仕事だけでなく、
洗濯や掃除といった家事も当てはまります。

 

最近では、家事代行を1時間1,000円でやってくれる業者があり、
とても便利です。

 

家事代行サービスは
値段が高いというイメージをしている人も多いかもしれませんが、
1時間1000円で依頼できて、自由な時間ができるのであれば
試す価値はあると思います。

 

家事に多くの時間を割いている人は、
この家事代行を使って代わりに自分が働いたほうが、
結果生産性が高くなるのです。

 

「やめるリスト」ができたら、
もう一つやってもらいたいことがあります。

 

それが「やりたいことリスト」を作るということです。

 

やりたいことを100個書いて、
見える場所に貼ってください。

 

やりたいことを100個も書き出すという作業は、
今までしたことのない方がほとんどなのではないでしょうか。

 

確かにやりたいこと100個なんて、
なかなか思い浮かばないかもしれません。

 

しかし、どんなに小さなことでも構いません。
箇条書きでいいですから、現在と将来といった時系列、
やってみたいことや行ってみたい場所などを書き出してみてください。

 

・来週から家事を業者にお願いする
・2017年12月に、高級寝具メーカーのベッドを買う
・2018年1月に起業する
・2018年4月に、高級ブランドの財布を買う
・2019年4月に新宿のタワーマンションに住む
・2020年1月までに、3, 000万円の高級車を買う

 

「やりたいことリスト」を書くポイントは、
できるだけ具体的な内容で、数字や固有名詞、
その「やりたいことをいつまでに叶えたいか」という期限もつけることです。

 

他にも
「平日の昼間からお酒を飲む」
「平日に海外に行けるようにする
といった内容でも構いません。
思いつくままに書いてみてください。

 

皆さんも「やりたいことリスト」を100個書いていると分かると思いますが、
自由にやりたいことを書くのはすごく楽しいです。

 

自分のやりたいことを可視化することで、
「頑張ろう!」と奮い立たせ、モチベーションを上げるために
とても有効な手段ですね。

 

そして、やらないことリストと同様、
書いたものを改めて見てみましょう。
これもまた、すぐに実行できるものと、
そうでないものに分かれてきませんか?

 

例えば高級ブランド商品や高級車、
タワーマンションなどは今すぐ買うことはできないかもしれませんが、
服の試着や車の試乗、物件を内覧することはできます。

 

身をもつて体験することによって、
「自分が目標達成できた姿」をイメージしやすくなり、
よりモチベーションを高め、時給思考で生産性を上げることに繋がります。

 

やりたいことリストは、
常に目のつく場所に貼っておきましょう。

 

パソコンやスマホで書いた場合は、
画面をスクリーンショットして
PCの壁紙やスマホの待ち受けにするのもおすすめです。

 

やりたいことや、やりたくないこと、
優先順位など、色々なことを可視化してきましたが、
これらのことを具体的に書くと、
自分がどのような目標を叶えたいかが明らかになりませんか?

 

また、
「タワーマンションに住みたい」
「車が欲しい」などのはっきりした目標があったほうが、
どうして自分が生産性を上げる必要があるのか、
お金を稼ぐ必要があるのかがはっきりしますよね。

 

「やることリスト」と「やらないことリスト」を作ることで、
時給思考で生産性を高める大切さを、
少しずつ意識できてきたのではないでしょうか。

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

金川顕教

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

金川顕教 プロフィール



株式会社Social River代表取締役。
三重県生まれ、東京都港区在住。

中学校のころ両親の離婚をきっかけにグレてしまいヤンキーになる。勉強は一切やらず、偏差値は35。しかし、そこから奮起し驚異の猛勉強。2浪を経て立命館大学に入学。大学在学中に三大国家試験、公認会計士の試験に合格、のち世界一の会計事務所デロイトトウシュトーマツに就職。「これで自分の人生はバラ色だ」と満足するも、3年後、「もっと自己成長して、自由になりたい」と考え始める。

そこから起業を考え始め、副業を開始するとなんと給料の10倍を稼いでしまう。これを機に、副業開始から4ヶ月後に会社に辞表を提出し、起業。
事務所なし、従業員なしの「一人会社」は年々売上をのばし、3年間で2億6600万円を売り上げる。今期で4期目を迎え、年商は5億円を見込んでいる。サラリーマン時代では想好きな時に、好きな人と好きなことをする、自由を日々満喫している。

2016年には初の紙の本「チェンジ~人生のピンチは考え方を変えればチャンスになる! ~」を出版。アマゾン本総合ランキング10位(漫画、絵本含め)、アマゾンビジネス部門1位、アマゾン本レビューランキング1位を獲得。店頭の書店では、総合ランキング1位と多くの人にその価値観が受け入れられている。都内の電車内や日経新聞でも著作が紹介され、もはや知らない人の方が少ないかもしれない。
電子書籍は月間ランキング1位、更に4冊の書籍は常にランキング6位以上を独占、累計6万部を優に超え、サラリーマンの多くに多大な影響を与えている。

あなたは「天才的なセンスを持ってるんでしょ、私とは違う」とわたしの印象を持つかもしれない。しかし、わたしの人生は、実際に山あり谷ありで誰よりも過酷だ。両親の離婚問題、偏差値35からの大学受験、養子問題、心はズタズタになるまで攻撃され、誰よりも精神的なピンチを味わってきた。それでもわたしは、『ピンチはチャンス』を合い言葉に逆境を乗り越えてきた。
わたしはあなたにもどんな逆境にも負けずに成功を勝ち取って欲しいと思っている。その活動の一環であるメルマガでは購読者が1万9千人を突破し、その教えで実際に成功を収めるものは数知れない。


現在は起業家の育成、経済的な自由という同じ志を持つコミュニティー運営に力を入れている。
PAGE TOP

8000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。