ためになる話、沈黙を吹き飛ばせ、たったこれだけで会話が続く続く

こんにちは。
金川顕教です^^

 

「(会話の最中で)沈黙が続いて気まずい・・・」
誰もが一度は経験したのではないでしょうか?

 

こんな状況を打開するには、
話し手の質問がポイントになります。
質問の手法は大きく分けて2つ。
この2つの手法と5W1Hの法則さえ押さえておけば、
沈黙は生まれません。

 

①クローズドクエスチョン

これは相手が一言でしか答えられない、または「イエス」か「ノー」でしか
答えられないような質問です。

 

例)

A「この料理は美味しいですか?」
B「はい」

A「お住まいはどちらですか?」
B「北海道です」

 

②オープンクエスチョン

クローズドとは逆に、相手が一言では答えられないような質問です。

 

例)

A「この料理はどんな味がしますか?」
B「少し辛いけど柔らかくて美味しいです」

A「お住まいはどんな感じのところですか?」
B「緑が多くて鳥の鳴き声が聞こえてくるのどかな所です」

 

コミュニケーションにおいて、クローズドとオープンはうまく使い分けなければいけません。
会話が続かずに沈黙の空気が流れている時は、クローズドクエスチョンを
繰り返してしまっている可能性があります。

 

また相手が口下手でなかなか会話の切り口が見出せない時は、
あえてクローズドクエスチョンから始めるのも手です。
そこから会話の切り口を見つけ、オープンクエスチョンに切り替えてどんどん話を膨らませていくと、
いいコミュニケーションになっていきます。

 

《5W1Hの活用》

ひとつの話題を膨らませていきたい時には5W1Hを活用しましょう。

 

When・・・いつ
Where・・・どこで
Who・・・誰が
What・・・何を
Why・・・なぜ
How・・・どのように

 

ひとつのクローズドクエスチョンから、
これらの5W1Hを使って話に枝葉をつけていきます。

 

A「趣味はなんですか?」・・・What
B「スキーです」
A「いつからやっているのですか?」・・・When
B「小学生の頃からです」
A「どんなスキー場に行きますか?」・・・Where
B「あまり遠くは行けないので近場です」
A「誰と行くんですか?」・・・Who
B「だいたい家族と行きます」
A「どんなスキー板を使っているのですか?」・・・What
B「カービングスキーが好きなのでカービング用です」
A「どんなきっかけで始めたんですか?」・・・How
B「両親が好きなので、子供の頃から連れて行ってもらっていました」

 

このように、趣味はスキーというネタからどんどん話を膨らませることができるんです。
もちろん5W1Hの6つ全てを使い必要はありません。話の流れに合わせて使い分ける必要があります。
あまり聞きすぎると相手に嫌な思いをさせてしまうケースもあるので、
相手の答え方や表情を見て話を展開していくといいでしょう。

 

明日から実践してみてくださいね。
脱沈黙しましょう。

金川顕教

 

■■金川顕教の無料電子書籍をまだダウンロードしてない方へ■■

 

稼ぐために必要なマインドセットやノウハウ、成功法則を出し惜しみすることなく
お伝えしています。

 

超有料級の内容ですが全て無料です!!

 

「時給300円でサラリーマンをしていましたが、今では月収が10倍になりました」(30歳男性)
「(副業で)年間5万円しか稼げなかったのに、今では年収3000万円です」(24歳男性)

 

これらは電子書籍で学び、実践した方々の声です。

 

これを読むだけでも、
あなたは周りに比べて1歩リードした存在になっています。
10冊ありますが、1冊30分ほどで読めるかと思います。

 

下記から今すぐ無料でダウンロードしてください。
http://akinori-kanagawa.jp/production/

 

1冊目「2冊目にあなたが読むべき副業プログラム ~主婦・サラリーマン・学生でも3ヶ月で100万を稼がすノウハウを徹底解説~」
2冊目「THE・CHANGE~今日が最後の日。そして、今日が最初の日~」
3冊目「誰も教えてくれない明日のお金の稼ぎ方」
4冊目「なぜ、人は成功と失敗に分かれるのか-ビジネスの成功者から学ぶ成功法則」
5冊目「THE・SUCCESS?年収2000万を目指すための成功?」
6冊目「いかにして私たちはお金持ちになれるのか」
7冊目「君はただ、具体的にお金を稼ぐ方法を知らないだけ。ただそれだけ。」
8冊目「自由なお金持ちと不自由な一般人どちらになりたいですか?」
9冊目「これからの君におくる「初めての不動産投資」」
10冊目「成功し続ける人達の目標設定のやり方」

 

金川顕教の無料電子書籍はこちらから
http://akinori-kanagawa.jp/production/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

金川顕教 プロフィール



◉──経営コンサルタント、ビジネスプロデューサー、投資家、事業家、作家。 三重県生まれ、立命館大学産業社会学部卒業。 大学在学中に公認会計士試験に合格し、世界一の規模を誇る会計事務所デロイト・トウシュ・トーマツグループである有限責任監査法人トーマツ勤務を経て独立。

トーマツでは、不動産、保険、自動車、農業、飲食、コンサルティング業など、様々な業種・業態の会計監査、内部統制監査を担当。数多くの成功者から学んだ事実と経験を活かして経営コンサルタントとして独立し、不動産、保険代理店、出版社、広告代理店など様々なビジネスのプロデュースに携わる。

◉──「量からしか質は生まれない」をミッションとして、1人でも多くの人に伝えるために執筆活動を開始し、ビジネス書、自己啓発書、小説など多岐にわたるジャンルでベストセラーを連発させている。

著書に「チェンジ〜人生のピンチは考え方を変えればチャンスになる!」「年収300万円はお金を減らす人 年収1000万円はお金を増やす人 年収1億円はお金と時間が増える人」「財布はいますぐ捨てなさい」「初心者を代表して不動産投資について教わってきました!」(いずれもサンライズパブリッシング)「ラクラク・かんたん・超楽しい!はじめてのブックメーカー投資入門」(秀和システム)「すごい効率化」(KADOKAWA)「20代の生き方で人生は9割決まる!」(かんき出版)「これで金持ちになれなければ、一生貧乏でいるしかない。」(ポプラ社)「毎日チェンジ手帳」(扶桑社)「1時間で10倍の成果を生み出す最強最速スキル 時給思考」(すばる舎)「シナジー人脈術~最小限の力で最大限の成果を生み出すたった1つの方法」(あさ出版)「仮想通貨投資入門」(秀和システム)「ひとりでも、君は生きていける。」(学研)などがある。
PAGE TOP

8000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。