ためになる話、俯瞰する癖を身につけろ

こんにちは。
金川顕教です^^

 

仕事でもプライベートでも言えることですが、
忙しい毎日を送っていると目の前のことで頭が一杯になってしまい、
先のことが考えられないということがあります。

 

皆さんもそのような経験があるのではないでしょうか?

 

その時に大切なのは、
「俯瞰(ふかん)する癖」を身につけるということです。

 

「俯瞰」とは簡単に言うと、
高いところから物事を見下ろすことをいいます。

 

ビジネスでいうと、
例えば想定外のこと(売上が先月よりも大幅に下がったなど)が
起こった時に対応できるよう、
今から施策を考えておくということが当てはまります。

 

これは会社の仕事でも共通して言えることです。
先のことを見据えながら目の前の出来事を冷静に判断し、
想定外のアクシデントに見舞われても、動じずに
落ち着いて対応できるよう準備しておきましょう。

 

また、俯瞰する力を身につけることによって、
高い視点から広く見渡す力だけでなく、次のような能力が身につきます。

 

・視野が広くなることで、アイデアが生まれやすくなる
・理解が深められ、考え方に応用が効くようになる
・他人の過去や現在、未来のことを考えられる(時間の認識も広がる)

 

視野が広がると物事を広く考えることができますが、
それだけでなく、理解を深めて時間の認識を広げることができます。

 

例えば仕事でプロジェクトを進めていく中で、
上手くいかないと行き詰まったとしましょう。
そこで俯瞰する力を鍛えることによって、客観的に
何が不足しているか気づくことができるのです。

 

「俯瞰する力が大切なことはわかったけど、身につけるのは難しそう」
と思う人もいるかもしれませんね。

 

しかし、俯瞰する力は普段から鍛えることができます。

 

【俯瞰する力を鍛える方法】

 

①自分の感情は置いておき、冷静になって「どうして起きたのか」を考える

仕事でもプライベートでもあり得ることですが、
自分の想定外のことが起こると、
感情的になってしまうことがありますよね。

 

しかし、そこで自分の感情のまま次の行動をするのではなく、
一度冷静になって
「どうしてこんなことが起こってしまったのか」
を考えるようにしましょう

 

②ビジネス面で俯瞰する力を鍛えるには、経営者目線で分析する

もし仕事で自分の成績が悪いと思った時には、
会社員の目線ではなく、経営者目線で原因を分析してみましょう。

 

経営者目線で分析することによって、
例えば他の部署の業績はどのくらい落ちているのか、
上手く成績を維持できている人は
どのような仕事の仕方をしているかなど、
次にやるべきことが分かります。

 

③先の出来事を想定して、先回りして動く

会社員の方であれば、例えば上司の考えを想定し、
先回りして行動してみましょう。

 

そうすれば社内全体を把握する力が身につき、
時給思考で1時間あたりの生産性を上げることにも繋がります。

 

また、これからビジネスを始める人であれば、
少しでも失敗を避けて通るためにも、
あらゆる場面を想定して先回りし、
リスクヘッジのために動くこともできます。

 

俯瞰する力を身につけることによって、
時給思考が身につき、時間に余裕を持つことができます。

 

物事を俯瞰してみることも、常に時間に
余裕をもたせるからこそできることですね。

 

また、物事を俯瞰できる力というのは、
「他人の視点を持つ」ということにも繋がります。

 

自分の視点だけで物事を見るのではなく、他人の視点に立つことで、
周囲とのバランス能力も身につけることができますよ。

 

ぜひ参考にしてみてくださいね。

金川顕教

 

=================

金川顕教の無料メルマガはこちらから

あなたの先輩成功者たち3.5万人が愛用する金川顕教の
無料メールマガジンの内容とは?

「僕の人生を変えた、お金を稼ぐ力をつけるためのメルマガです」(30歳男性)
「これを読んで年収1000万円達成しました!今や年収は2400万円です」(31歳男性)

これらは購読者のお声です。

超有料級の内容をお届けいたしますので、是非ご購読ください!!

金川顕教の無料メールマガジンはこちらから
http://akinori-kanagawa.jp/mailmagazine/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

金川顕教 プロフィール



株式会社Social River代表取締役。
三重県生まれ、東京都港区在住。

中学校のころ両親の離婚をきっかけにグレてしまいヤンキーになる。勉強は一切やらず、偏差値は35。しかし、そこから奮起し驚異の猛勉強。2浪を経て立命館大学に入学。大学在学中に三大国家試験、公認会計士の試験に合格、のち世界一の会計事務所デロイトトウシュトーマツに就職。「これで自分の人生はバラ色だ」と満足するも、3年後、「もっと自己成長して、自由になりたい」と考え始める。

そこから起業を考え始め、副業を開始するとなんと給料の10倍を稼いでしまう。これを機に、副業開始から4ヶ月後に会社に辞表を提出し、起業。
事務所なし、従業員なしの「一人会社」は年々売上をのばし、3年間で2億6600万円を売り上げる。今期で4期目を迎え、年商は5億円を見込んでいる。サラリーマン時代では想好きな時に、好きな人と好きなことをする、自由を日々満喫している。

2016年には初の紙の本「チェンジ~人生のピンチは考え方を変えればチャンスになる! ~」を出版。アマゾン本総合ランキング10位(漫画、絵本含め)、アマゾンビジネス部門1位、アマゾン本レビューランキング1位を獲得。店頭の書店では、総合ランキング1位と多くの人にその価値観が受け入れられている。都内の電車内や日経新聞でも著作が紹介され、もはや知らない人の方が少ないかもしれない。
電子書籍は月間ランキング1位、更に4冊の書籍は常にランキング6位以上を独占、累計6万部を優に超え、サラリーマンの多くに多大な影響を与えている。

あなたは「天才的なセンスを持ってるんでしょ、私とは違う」とわたしの印象を持つかもしれない。しかし、わたしの人生は、実際に山あり谷ありで誰よりも過酷だ。両親の離婚問題、偏差値35からの大学受験、養子問題、心はズタズタになるまで攻撃され、誰よりも精神的なピンチを味わってきた。それでもわたしは、『ピンチはチャンス』を合い言葉に逆境を乗り越えてきた。
わたしはあなたにもどんな逆境にも負けずに成功を勝ち取って欲しいと思っている。その活動の一環であるメルマガでは購読者が1万9千人を突破し、その教えで実際に成功を収めるものは数知れない。


現在は起業家の育成、経済的な自由という同じ志を持つコミュニティー運営に力を入れている。
PAGE TOP

8000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。