ためになる話、あなたのプロフィール、自己紹介になっていませんか?

こんにちは。
金川顕教です^^

 

あなたのプロフィール、自己紹介になっていませんか?

 

そもそもプロフィールとは一体何なのか、そこから説明していきましょう。
国語辞典で調べてみると、人物紹介・人物評という説明があります。
ある人物についてどういう人なのかを言葉で説明したものということですね。

 

あの芸能人ってどういう人なんだろう?と思った時に見るWikipediaの文章も、
まさにプロフィールと言えるでしょう。

 

一方で、「私は○○が好きです」というような文章は、
一般的にはプロフィールではなく、自己紹介です。

 

どちらもその人物の説明であることに変わりはないのですが、
受け止める側の印象は全然違うと思います。

 

同じ内容の文章を自己紹介とプロフィールにして比べてみてみましょう。
まずは自己紹介から。

「私は経営コンサルタントをしています。この仕事を始めて10年になります。
クライアントは製造業、小売業などさまざまですが、主に中小企業です。
強みを発見して打ち出すことが得意で、それによって多くのクライアントが成果を出しています。
打ち出し方はインターネット、リアル両方ですが、ネーミングやブランドづくりも含まれます。
売上がなんと3倍になったお酒や、前年比50%増になった中古車販売の会社があります。
書籍も10冊以上出版していて、強み発信マーケティングについては右に出るものがいないと自負しています。」

 

次にプロフィールです。

「中小企業の強み発信コンサルタント。2006年1月○○コンサルティング開業。
現場でのインタビューやリサーチにより、クライアント企業の独自の強みを発見し、
適切な形で発信することで売り上げをアップさせる。新たなネーミングとパッケージで売上3倍(日本酒)、
Webマーケティングと社員教育の徹底で売上50%増(中古車販売)など。
「○○マーケティング」(○○出版)など著書多数」

 

一言でいうなら、自己紹介は「主観的」でプロフィールは「客観的」です。
自己紹介は人柄が表れやすく、親しみさがありますが、
ビジネスで使うなら客観的なプロフィールです。

 

ビジネスの観点からいうと、プロフィールは「あなたがどんな価値を提供してくれるのか」を
客観的に示したもののことです。

 

ブログやホームページなどでは、プロフィールと自己紹介を両方載せるというケースも多々あります。
あなたのことをまったく知らない人は、まず客観的なプロフィールを知りたいと思います。
プロフィールを見て興味を持ったら、自己紹介を読みたいと思うでしょう。

 

基本的に人は他人に興味がなく「自分自身」に興味があるからです。
他人に興味が出るのは、自分と関係があると感じた時だけです。
プロフィールでは「この人は自分に関係があるのか?」「自分にどういうことをしてくれるのか?」を見ます。
そして関係があると感じたら、主観的な自己紹介を読むのです。

 

ですから、ファーストコンタクトはまずプロフィールから、ということになります。
自己紹介とプロフィールが同じものだと思っていた人は、
自身のフェイスブックページやホームページのプロフィールを見直してみてくださいね。
いいプロフィールは、それだけでビジネスがうまくいくようになるといっても過言ではありません。
「言葉の力は強い」ということを念頭に置いて、いいプロフィールを作ってくださいね。

金川顕教

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

金川顕教 プロフィール



◉──経営コンサルタント、ビジネスプロデューサー、投資家、事業家、作家。 三重県生まれ、立命館大学産業社会学部卒業。 大学在学中に公認会計士試験に合格し、世界一の規模を誇る会計事務所デロイト・トウシュ・トーマツグループである有限責任監査法人トーマツ勤務を経て独立。

トーマツでは、不動産、保険、自動車、農業、飲食、コンサルティング業など、様々な業種・業態の会計監査、内部統制監査を担当。数多くの成功者から学んだ事実と経験を活かして経営コンサルタントとして独立し、不動産、保険代理店、出版社、広告代理店など様々なビジネスのプロデュースに携わる。

◉──「量からしか質は生まれない」をミッションとして、1人でも多くの人に伝えるために執筆活動を開始し、ビジネス書、自己啓発書、小説など多岐にわたるジャンルでベストセラーを連発させている。

著書に「チェンジ〜人生のピンチは考え方を変えればチャンスになる!」「年収300万円はお金を減らす人 年収1000万円はお金を増やす人 年収1億円はお金と時間が増える人」「財布はいますぐ捨てなさい」「初心者を代表して不動産投資について教わってきました!」(いずれもサンライズパブリッシング)「ラクラク・かんたん・超楽しい!はじめてのブックメーカー投資入門」(秀和システム)「すごい効率化」(KADOKAWA)「20代の生き方で人生は9割決まる!」(かんき出版)「これで金持ちになれなければ、一生貧乏でいるしかない。」(ポプラ社)「毎日チェンジ手帳」(扶桑社)「1時間で10倍の成果を生み出す最強最速スキル 時給思考」(すばる舎)「シナジー人脈術~最小限の力で最大限の成果を生み出すたった1つの方法」(あさ出版)「仮想通貨投資入門」(秀和システム)「ひとりでも、君は生きていける。」(学研)などがある。
PAGE TOP

8000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。