ためになる話、あなたのプロフィール、自己紹介になっていませんか?

こんにちは。
金川顕教です^^

 

あなたのプロフィール、自己紹介になっていませんか?

 

そもそもプロフィールとは一体何なのか、そこから説明していきましょう。
国語辞典で調べてみると、人物紹介・人物評という説明があります。
ある人物についてどういう人なのかを言葉で説明したものということですね。

 

あの芸能人ってどういう人なんだろう?と思った時に見るWikipediaの文章も、
まさにプロフィールと言えるでしょう。

 

一方で、「私は○○が好きです」というような文章は、
一般的にはプロフィールではなく、自己紹介です。

 

どちらもその人物の説明であることに変わりはないのですが、
受け止める側の印象は全然違うと思います。

 

同じ内容の文章を自己紹介とプロフィールにして比べてみてみましょう。
まずは自己紹介から。

「私は経営コンサルタントをしています。この仕事を始めて10年になります。
クライアントは製造業、小売業などさまざまですが、主に中小企業です。
強みを発見して打ち出すことが得意で、それによって多くのクライアントが成果を出しています。
打ち出し方はインターネット、リアル両方ですが、ネーミングやブランドづくりも含まれます。
売上がなんと3倍になったお酒や、前年比50%増になった中古車販売の会社があります。
書籍も10冊以上出版していて、強み発信マーケティングについては右に出るものがいないと自負しています。」

 

次にプロフィールです。

「中小企業の強み発信コンサルタント。2006年1月○○コンサルティング開業。
現場でのインタビューやリサーチにより、クライアント企業の独自の強みを発見し、
適切な形で発信することで売り上げをアップさせる。新たなネーミングとパッケージで売上3倍(日本酒)、
Webマーケティングと社員教育の徹底で売上50%増(中古車販売)など。
「○○マーケティング」(○○出版)など著書多数」

 

一言でいうなら、自己紹介は「主観的」でプロフィールは「客観的」です。
自己紹介は人柄が表れやすく、親しみさがありますが、
ビジネスで使うなら客観的なプロフィールです。

 

ビジネスの観点からいうと、プロフィールは「あなたがどんな価値を提供してくれるのか」を
客観的に示したもののことです。

 

ブログやホームページなどでは、プロフィールと自己紹介を両方載せるというケースも多々あります。
あなたのことをまったく知らない人は、まず客観的なプロフィールを知りたいと思います。
プロフィールを見て興味を持ったら、自己紹介を読みたいと思うでしょう。

 

基本的に人は他人に興味がなく「自分自身」に興味があるからです。
他人に興味が出るのは、自分と関係があると感じた時だけです。
プロフィールでは「この人は自分に関係があるのか?」「自分にどういうことをしてくれるのか?」を見ます。
そして関係があると感じたら、主観的な自己紹介を読むのです。

 

ですから、ファーストコンタクトはまずプロフィールから、ということになります。
自己紹介とプロフィールが同じものだと思っていた人は、
自身のフェイスブックページやホームページのプロフィールを見直してみてくださいね。
いいプロフィールは、それだけでビジネスがうまくいくようになるといっても過言ではありません。
「言葉の力は強い」ということを念頭に置いて、いいプロフィールを作ってくださいね。

金川顕教

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

金川顕教 プロフィール



株式会社Social River代表取締役。
三重県生まれ、東京都港区在住。

中学校のころ両親の離婚をきっかけにグレてしまいヤンキーになる。勉強は一切やらず、偏差値は35。しかし、そこから奮起し驚異の猛勉強。2浪を経て立命館大学に入学。大学在学中に三大国家試験、公認会計士の試験に合格、のち世界一の会計事務所デロイトトウシュトーマツに就職。「これで自分の人生はバラ色だ」と満足するも、3年後、「もっと自己成長して、自由になりたい」と考え始める。

そこから起業を考え始め、副業を開始するとなんと給料の10倍を稼いでしまう。これを機に、副業開始から4ヶ月後に会社に辞表を提出し、起業。
事務所なし、従業員なしの「一人会社」は年々売上をのばし、3年間で2億6600万円を売り上げる。今期で4期目を迎え、年商は5億円を見込んでいる。サラリーマン時代では想好きな時に、好きな人と好きなことをする、自由を日々満喫している。

2016年には初の紙の本「チェンジ~人生のピンチは考え方を変えればチャンスになる! ~」を出版。アマゾン本総合ランキング10位(漫画、絵本含め)、アマゾンビジネス部門1位、アマゾン本レビューランキング1位を獲得。店頭の書店では、総合ランキング1位と多くの人にその価値観が受け入れられている。都内の電車内や日経新聞でも著作が紹介され、もはや知らない人の方が少ないかもしれない。
電子書籍は月間ランキング1位、更に4冊の書籍は常にランキング6位以上を独占、累計6万部を優に超え、サラリーマンの多くに多大な影響を与えている。

あなたは「天才的なセンスを持ってるんでしょ、私とは違う」とわたしの印象を持つかもしれない。しかし、わたしの人生は、実際に山あり谷ありで誰よりも過酷だ。両親の離婚問題、偏差値35からの大学受験、養子問題、心はズタズタになるまで攻撃され、誰よりも精神的なピンチを味わってきた。それでもわたしは、『ピンチはチャンス』を合い言葉に逆境を乗り越えてきた。
わたしはあなたにもどんな逆境にも負けずに成功を勝ち取って欲しいと思っている。その活動の一環であるメルマガでは購読者が1万9千人を突破し、その教えで実際に成功を収めるものは数知れない。


現在は起業家の育成、経済的な自由という同じ志を持つコミュニティー運営に力を入れている。

今日

まだデータがありません。

週間

まだデータがありません。

PAGE TOP

8000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。