そうだ、カフェ行こう

こんにちは。
金川顕教です。

 

カフェで仕事してる人って
多いですよね。

 

スタバなんか行くと、
お客さんの半分は
パソコン開いてるんじゃないかってくらい
仕事してますよね。

 

でも、これって単純な流行りではなく、
理にかなった方法なんですよ。

 

人がカフェで仕事したくたる
多くの利点が存在しているんです。

 

実は、カフェという環境には、
脳科学的な観点からみても
集中することに適した条件が
揃っているんです。

 

その一つとして
カフェの雑音が挙げられています。

 

店内には、
人々の話し声や物音など、
いわばさまざまな雑音が聞こえます。

 

「あれって耳障りじゃない?」
そう思う人もいるかもしれませんが、
実は適度に雑音がある環境のほうが、
脳は手元の作業に集中するように努めるため、
静かな環境よりも集中力や想像力が増します。

 

専門家いわく、
図書館などといった
50デシベルくらいの静かな環境よりも、
70デシベルのノイズがあるカフェのほうが
クリエイティブになれるんだそうです。

 

また、緊張感を維持するという意味でも
カフェは最適です。

 

家だと自分しかいないので、
ダラーンとしてしまうかもしれません。
よだれを垂らしたまま
寝てしまうかもしれません。

 

それがカフェであれば、
公共の場ということもあって
他人の目を気にするので、
緊張感を維持することができるんです。

 

さらに、カフェには
家と違って誘惑が少ないので、
仕事だけに集中できるという
メリットがあります。

 

しかし、そこで最大の敵となるのはスマホです。

 

スマホも誘惑の一つです。
とはいえ家に置いてくるということも
なかなかできないですよね。

 

手元にスマホがあると、
ついついSNSをみてしまったりして
時間を浪費してしまうんですよ。

 

「自分は見ないって決めたら見ないから大丈夫」
そう思う人もいるかもしれませんが、
実は目の前にスマホがあるだけでも
人の集中力は低下してしまいます。

 

北海道大学の実験で
こんなことがわかっています。

 

電源を切ったスマホが目の前に置いてある場合、
電源を切ったスマホをカバンにしまった場合、
それぞれのケースで同じ図形問題を出題しました。

 

すると、前者は後者に比べて、
問題を解くのに1.2倍もの時間がかかったのです。

 

この実験によって、
いくら電源を切ってようが、
視界にスマホがあるだけで
人の処理能力は圧迫されてしまうことが
わかっています。

 

なので、金川顕教の場合は
カフェに入ったらまず機内モード。
それからポケットなどにしまう。
これを徹底しています。

 

家で仕事に集中できないという人は、
ぜひカフェに行って頑張りましょう。

金川顕教

 

=================

金川顕教の新しい書籍が発売されました

“ひとりでも、君は生きていける。”

●内容紹介

「ひとり」は最強の戦略である!

著者・金川顕教は、偏差値35から2浪の末、大学受験に合格し、
大学卒業後は超メジャー会計士事務所に就職。

高額な給料が約束されていたにもかかわらず、
その安定を手放し、たったひとりで起業した。

事務所なし、従業員なし。「ひとり」で運営を開始した彼の会社は、
第1期目に年商4500万円をあげて以来、急上昇。
そして5期目の現在、年商は10億円に到達した。

彼はなぜ、たった「ひとり」で働き始めたのか?
なぜ、成功できたのか?
その秘密は「ひとり」という、最強の戦略にあった!

群れない、もたれ合わない人間関係、時間、お金……。
実は「ひとり」になることこそが、成功の近道なのである!

本書では、彼が大学在学中に公認会計士試験にパスした成功プロセス、
そして、「ひとり」ビジネスを展開して年商10億に達した成功プロセスを追いながら、
読者が「ひとり戦略」をマスターして、自分だけの夢をつかむための方法をコーチします!

金川顕教の書籍はこちらから
→ http://akinori-kanagawa.jp/books/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

金川顕教 プロフィール



株式会社Social River代表取締役。
三重県生まれ、東京都港区在住。

中学校のころ両親の離婚をきっかけにグレてしまいヤンキーになる。勉強は一切やらず、偏差値は35。しかし、そこから奮起し驚異の猛勉強。2浪を経て立命館大学に入学。大学在学中に三大国家試験、公認会計士の試験に合格、のち世界一の会計事務所デロイトトウシュトーマツに就職。「これで自分の人生はバラ色だ」と満足するも、3年後、「もっと自己成長して、自由になりたい」と考え始める。

そこから起業を考え始め、副業を開始するとなんと給料の10倍を稼いでしまう。これを機に、副業開始から4ヶ月後に会社に辞表を提出し、起業。
事務所なし、従業員なしの「一人会社」は年々売上をのばし、3年間で2億6600万円を売り上げる。今期で4期目を迎え、年商は5億円を見込んでいる。サラリーマン時代では想好きな時に、好きな人と好きなことをする、自由を日々満喫している。

2016年には初の紙の本「チェンジ~人生のピンチは考え方を変えればチャンスになる! ~」を出版。アマゾン本総合ランキング10位(漫画、絵本含め)、アマゾンビジネス部門1位、アマゾン本レビューランキング1位を獲得。店頭の書店では、総合ランキング1位と多くの人にその価値観が受け入れられている。都内の電車内や日経新聞でも著作が紹介され、もはや知らない人の方が少ないかもしれない。
電子書籍は月間ランキング1位、更に4冊の書籍は常にランキング6位以上を独占、累計6万部を優に超え、サラリーマンの多くに多大な影響を与えている。

あなたは「天才的なセンスを持ってるんでしょ、私とは違う」とわたしの印象を持つかもしれない。しかし、わたしの人生は、実際に山あり谷ありで誰よりも過酷だ。両親の離婚問題、偏差値35からの大学受験、養子問題、心はズタズタになるまで攻撃され、誰よりも精神的なピンチを味わってきた。それでもわたしは、『ピンチはチャンス』を合い言葉に逆境を乗り越えてきた。
わたしはあなたにもどんな逆境にも負けずに成功を勝ち取って欲しいと思っている。その活動の一環であるメルマガでは購読者が1万9千人を突破し、その教えで実際に成功を収めるものは数知れない。


現在は起業家の育成、経済的な自由という同じ志を持つコミュニティー運営に力を入れている。
PAGE TOP

8000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。