お金持ちは自分の価値に気づいている

こんにちは。
金川顕教です^^

 

人によってお金を稼ぐというイメージは、金額も捉え方も大きく違うことでしょう。
まず大きく世の中を見たときに、3パターンの分類があると金川顕教は考えています。

 

そこでわかりやすく、
年収から見た区別ということで「貧乏・普通・お金持ち」に振り分けてみたいと思います。

 

《年収から見た3つの分類》

①貧乏→年収300万円
②普通→年収600~1000万円
③お金持ち→年収3000万~1億円

というように、稼ぐという行為にはこのような3つのステップがあるのではないでしょうか。

 

ここで一つ注意点ですが、貧乏というのが決して悪い意味ではないということをご理解いただきたいと思います。
あくまでも”お金を稼ぐ”という観点から見たときに、年収から見た金額のステップとして捉えてみてくださいね。

 

さて、今のあなたはどこの年収に当てはまっていますか?
そしてなぜ自分がそこのカテゴリーに入るのでしょうか。

 

「年収=人間性」ではもちろんありませんが、
カテゴリーごとの人たちには考え方や行動の共通点があるように思います。

 

そこでカテゴリーごとに見た、お金を稼ぐということのイメージを分析してみました。

 

①貧乏

年収が300万円前後の人に多い稼ぎ方の特徴として挙げられるのが、「安い時給×時間」という方程式です。
自分の時給が固定しているという考え方で止まっているため、
たくさんお金を稼ぐためにはその分たくさん時間を使って働くというスタイルになりがち。

 

②普通

次の年収600~1000万円くらい稼ぐ人になると、また少し意識が異なってくるんですよね。
会社に勤めている場合は高い給料で働くということをして、
ビジネスマンの場合は自分の価値提供と引き換えに対価を得るようになります。

 

③お金持ち

そして最後にお金持ちの人。
他のカテゴリーとは大きく異なる捉え方をしているのが「時間が最大の価値」だということです。
上記の①②と異なる部分は、時間数のかけ算をしてお金を計算しているのではなく時間の価値を理解しているかなんですよね。

 

つまり費用対効果の意識が非常に強く、自分が稼働している時間がいくらになっているのか?が最大のポイント。
天井が決まった時給のかけ算式で積み重ねていくのではなく、
自分の価値を高めることに注力することで短い時間でも大きな収入を得ることができるのです。

 

例えば月に100時間働く代わりに月収100万円を得ている人もいれば、
1日1時間働いて月に30時間の稼働で月収100万円を作る人など個人の価値はバラバラ。

 

しかし共通して言えるのは、決められた時給枠の中で仕事をするのではなく、自分の価値を高めているか?
という部分が分かれ道になるのではないでしょうか。

 

・・・この3津の分類を比較してみると、決定的な違いがあると思います。
それは多くの人が、自分の価値に気づいていないということ。

 

“安い時給で働くのが当たり前”だと思い込んでいませんか?
または、会社に決められた給料が自分の限界だと思っていませんか?

 

つまり自分の可能性を決めているのは、自分自身であり他人ではありません。
「貧乏・普通」というカテゴリーからお金持ちへのステップに移るためには、自分の価値にまずは気づくことがスタートであり、
そして自分の可能性を認めてあげることが近道です。

 

まずは自分が時給いくらの人間なのか?を考えてみましょう。
例えばこれから投資を始めるとしても、数をたくさんこなせば稼げる!というマインドでは収入の段階を上げることはできません。
自分の強みを身につけて価値を上げることにシフトチェンジしてみてくださいね。

金川顕教

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

金川顕教 プロフィール



株式会社Social River代表取締役。
三重県生まれ、東京都港区在住。

中学校のころ両親の離婚をきっかけにグレてしまいヤンキーになる。勉強は一切やらず、偏差値は35。しかし、そこから奮起し驚異の猛勉強。2浪を経て立命館大学に入学。大学在学中に三大国家試験、公認会計士の試験に合格、のち世界一の会計事務所デロイトトウシュトーマツに就職。「これで自分の人生はバラ色だ」と満足するも、3年後、「もっと自己成長して、自由になりたい」と考え始める。

そこから起業を考え始め、副業を開始するとなんと給料の10倍を稼いでしまう。これを機に、副業開始から4ヶ月後に会社に辞表を提出し、起業。
事務所なし、従業員なしの「一人会社」は年々売上をのばし、3年間で2億6600万円を売り上げる。今期で4期目を迎え、年商は5億円を見込んでいる。サラリーマン時代では想好きな時に、好きな人と好きなことをする、自由を日々満喫している。

2016年には初の紙の本「チェンジ~人生のピンチは考え方を変えればチャンスになる! ~」を出版。アマゾン本総合ランキング10位(漫画、絵本含め)、アマゾンビジネス部門1位、アマゾン本レビューランキング1位を獲得。店頭の書店では、総合ランキング1位と多くの人にその価値観が受け入れられている。都内の電車内や日経新聞でも著作が紹介され、もはや知らない人の方が少ないかもしれない。
電子書籍は月間ランキング1位、更に4冊の書籍は常にランキング6位以上を独占、累計6万部を優に超え、サラリーマンの多くに多大な影響を与えている。

あなたは「天才的なセンスを持ってるんでしょ、私とは違う」とわたしの印象を持つかもしれない。しかし、わたしの人生は、実際に山あり谷ありで誰よりも過酷だ。両親の離婚問題、偏差値35からの大学受験、養子問題、心はズタズタになるまで攻撃され、誰よりも精神的なピンチを味わってきた。それでもわたしは、『ピンチはチャンス』を合い言葉に逆境を乗り越えてきた。
わたしはあなたにもどんな逆境にも負けずに成功を勝ち取って欲しいと思っている。その活動の一環であるメルマガでは購読者が1万9千人を突破し、その教えで実際に成功を収めるものは数知れない。


現在は起業家の育成、経済的な自由という同じ志を持つコミュニティー運営に力を入れている。
PAGE TOP

8000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。