お金持ちには”やりたくないことリスト”がある

こんにちは。
金川顕教です^^

 

結果を出す人とそうでない人には、
ある共通点があります。

 

貧乏→目標や夢がない
普通→やりたいことリストがある
お金持ち→やりたくないことリストがある

 

というように3つの分類には、異なる特徴が見られるのが
おわかりいただけるでしょうか。

 

貧乏カテゴリーに入る人たちにとっては、そもそも稼ぐ行為に意識が向いていない人が多いです。
つまり、今の現状から脱却したい!というモチベーションがなく、現状維持の欲求が強い。
夢や目標がないために、自分がお金を稼いだらどんなことがしたいか?という具体的なプランが見えていないんですよね。

 

夢や目標が持てない!という方は、
ぜひ自分が興味ないことでも見たり聞いたりすることを意識してみてください。
“夢は知識から”という言葉もあるように、自分が知らない世界のことは想像することができません。
こんなことしたい、やってみたいという欲求は知識に比例すると言っても過言ではないからです。
「どうせ自分なんて・・・」とマイナスに向かず一度きりの人生だからこそ、さらなる楽しみを見出してみてはいかがでしょう。

 

そして次の段階の普通カテゴリーの人に関しては、
逆にやりたいことが多すぎて出費も多く忙しい!というのが特徴です。

 

一見年収が600~1000万円近くあると、時間もお金もある程度ゆとりができてくるのでは?とイメージしそうですが、
実はこのカテゴリーの人が一番忙しいという事実があります。

 

あれもやりたい!これもやりたい!と時間を費やしてしまい、忙しい毎日を送っている場合が多いんですよね。
やりたいことリストが多いのは非常にいいことだと思いますが、
さらなる上のお金持ちカテゴリーの人たちは、ちょっと意外なリストを持っています。
それが「やりたくないことリスト」。

 

やりたいことリストはよく聞くと思いますが、
やりたくないことリストにあえて目を向けるというのが意外ではないでしょうか。

 

実は金川顕教自身、最近このリストが増えてきたんですが、
これは自分の人生に必要ない!ということがどんどん増えてきたということなんですよね。

 

例えば金川顕教の例でいうと、本棚をなくしました。
本棚にたくさんの本を置いていても、結局読まずに溜まり、気づいたら飾りになっているだけだからです。

 

それだったら自分が本当に読む本を一冊だけテーブルに置いて、
読み終わったらしまいに行くというのが一番ベストだと思います。

 

つまり自分に必要がないものからどんどん無くしていく消去法を取り入れることで、
おのずと自分にとって最低限必要なものが見えてくるというもの。

 

金川顕教が自分の家にものをあまり置かないのは、
シンプルさを大切にしたいからなんですよね。

 

もしもアレコレやりたいことに手を広げすぎて逆に忙しくなっているならば、
ぜひ自分にとって必要なものは何か?を見つめ直してみてください。
そして不要なものや、やりたくないものはどんどん省いていく。

 

そんなライフスタイルの断捨離が、
さらなる向上をもたらしてくれるのです。

金川顕教

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

金川顕教 プロフィール



◉──経営コンサルタント、ビジネスプロデューサー、投資家、事業家、作家。 三重県生まれ、立命館大学産業社会学部卒業。 大学在学中に公認会計士試験に合格し、世界一の規模を誇る会計事務所デロイト・トウシュ・トーマツグループである有限責任監査法人トーマツ勤務を経て独立。

トーマツでは、不動産、保険、自動車、農業、飲食、コンサルティング業など、様々な業種・業態の会計監査、内部統制監査を担当。数多くの成功者から学んだ事実と経験を活かして経営コンサルタントとして独立し、不動産、保険代理店、出版社、広告代理店など様々なビジネスのプロデュースに携わる。

◉──「量からしか質は生まれない」をミッションとして、1人でも多くの人に伝えるために執筆活動を開始し、ビジネス書、自己啓発書、小説など多岐にわたるジャンルでベストセラーを連発させている。

著書に「チェンジ〜人生のピンチは考え方を変えればチャンスになる!」「年収300万円はお金を減らす人 年収1000万円はお金を増やす人 年収1億円はお金と時間が増える人」「財布はいますぐ捨てなさい」「初心者を代表して不動産投資について教わってきました!」(いずれもサンライズパブリッシング)「ラクラク・かんたん・超楽しい!はじめてのブックメーカー投資入門」(秀和システム)「すごい効率化」(KADOKAWA)「20代の生き方で人生は9割決まる!」(かんき出版)「これで金持ちになれなければ、一生貧乏でいるしかない。」(ポプラ社)「毎日チェンジ手帳」(扶桑社)「1時間で10倍の成果を生み出す最強最速スキル 時給思考」(すばる舎)「シナジー人脈術~最小限の力で最大限の成果を生み出すたった1つの方法」(あさ出版)「仮想通貨投資入門」(秀和システム)「ひとりでも、君は生きていける。」(学研)などがある。
PAGE TOP

8000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。