お金持ちになりたかったら「お金」は「交換ツール」だと考えろ

こんにちは。
金川顕教

 

「お金を稼ぎたい」「年収を増やしたい」
多くの人はそう考えているのではないでしょうか?

 

それでは、「お金」とは一体何なのでしょうか?
「お金」にはどのような「価値」があるのでしょうか?

 

金川顕教に言わせれば、
「お金」とは、ただの「交換ツール」にすぎません。
とはいえ、あっても邪魔にはならず、
この世のほとんどのものと交換可能な、
便利な「交換ツール」であることは間違いありません。

 

「交換ツール」であるからこそ、
交換しなければ何の価値もありません。
そのことをまず意識しましょう。

 

金川顕教の周りでも、
単に節約して貯金を増やそうとしている人よりも
ガンガン使っている人のほうが、
結果的にお金が貯まっているケースが多いようです。

 

ある程度の貯金をすることを否定はしませんが、
あくまで「お金」は「交換ツール」なのですから、
積極的に有意義な使い方をしていきましょう。

 

それでは、どういったことにお金を使えばいいのでしょうか?
お金の使い道には「投資」「消費」「浪費」の3つがあり、
人は「投資」にお金をかけるべきだ、ということがよくいわれます。

 

金川顕教も、情報収集など
自分のスキルアップにつながること、
事業への投資には
積極的にお金をかけるべきだと思っています。

 

もうひとつ、金川顕教が考える
「価値あるお金の使い方」を紹介しておきましょう。
それは「お金を使って『時間』を買う」ことです。
時間は貯めることができない分、お金よりも貴重なものです。

 

金川顕教を含めて成功している多くの経営者は、
家事代行などを利用して時間を確保しています。
時給2000円以上の方なら、3時間6000円程度の家事代行を
頼んだほうが得なのです。

 

目標達成のためには、
こんな考え方も必要です。
時間の確保につながる
お金の使い道を検討してみましょう。

金川顕教

 

===================

■■金川顕教の新しい書籍が出版されました■■

“人生はワンダフル!〜Life is Wonderful!〜”

内容紹介

ヤンキー高校で偏差値35の落ちこぼれから、
大学在学中に公認会計士試験合格。
入社した世界一の公認会計士事務所もすぐに退社して独立。
いまや社員なし・事務所なしで、年商10億円。
ビジネス書界を席巻する事業家・金川顕教が毎日考えていること、
口にしていること、実践していることを112の言葉に凝縮。
読んで実行すれば、誰もが夢の実現と成功に近づく!

ぜひ読んでみてください!!

購入はこちらから
⇒ http://akinori-kanagawa.jp/books/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

金川顕教 プロフィール



◉──経営コンサルタント、ビジネスプロデューサー、投資家、事業家、作家。 三重県生まれ、立命館大学産業社会学部卒業。 大学在学中に公認会計士試験に合格し、世界一の規模を誇る会計事務所デロイト・トウシュ・トーマツグループである有限責任監査法人トーマツ勤務を経て独立。

トーマツでは、不動産、保険、自動車、農業、飲食、コンサルティング業など、様々な業種・業態の会計監査、内部統制監査を担当。数多くの成功者から学んだ事実と経験を活かして経営コンサルタントとして独立し、不動産、保険代理店、出版社、広告代理店など様々なビジネスのプロデュースに携わる。

◉──「量からしか質は生まれない」をミッションとして、1人でも多くの人に伝えるために執筆活動を開始し、ビジネス書、自己啓発書、小説など多岐にわたるジャンルでベストセラーを連発させている。

著書に「チェンジ〜人生のピンチは考え方を変えればチャンスになる!」「年収300万円はお金を減らす人 年収1000万円はお金を増やす人 年収1億円はお金と時間が増える人」「財布はいますぐ捨てなさい」「初心者を代表して不動産投資について教わってきました!」(いずれもサンライズパブリッシング)「ラクラク・かんたん・超楽しい!はじめてのブックメーカー投資入門」(秀和システム)「すごい効率化」(KADOKAWA)「20代の生き方で人生は9割決まる!」(かんき出版)「これで金持ちになれなければ、一生貧乏でいるしかない。」(ポプラ社)「毎日チェンジ手帳」(扶桑社)「1時間で10倍の成果を生み出す最強最速スキル 時給思考」(すばる舎)「シナジー人脈術~最小限の力で最大限の成果を生み出すたった1つの方法」(あさ出版)「仮想通貨投資入門」(秀和システム)「ひとりでも、君は生きていける。」(学研)などがある。
PAGE TOP

8000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。