お金も時間もかけずに親孝行する方法

こんにちは。
金川顕教です^^

 

先日母親とおばあちゃんが東京に来ていたので、
3人で食事をしてきました。
母は63歳、おばあちゃんは88歳ですが、
健康で元気なのが何よりです。

 

金川顕教にとって、
一緒に食事をするというのは
親孝行の一つだと思っています。

 

あなたは親孝行していますか?
「もう何年も会ってません」
「生活に余裕がなくて・・・」
という方は多いと思います。

 

親孝行には「4大親孝行」というものがあります。

 

・両親に海外旅行をプレゼントする
・結婚して安心させてあげたい
・死ぬまでに孫の顔を見せる
・老後の世話をする

 

世間的にはこの4つをすべてクリアしなければ、
親不孝だと言われてしまうそうです。

 

今の時代を考えると、
これをすべてクリアするのは
かなり難しいと思います。

 

金銭的にも時間的にも余裕がなければ
旅行に連れていけませんし、
子供を持たない夫婦も増えていれば、
生涯独身の人も増えています。
世話をするにも帰省しなければいけません。

 

これをすべてクリアしないと
親孝行したことにならないなら、
ほとんどの人は親不孝ですね。笑

 

今の時代も相まって、
親孝行にこういった基準を
儲ける必要はないと思います。

 

親孝行の本質は
親を幸せにすることですよね。

 

お金がなくても独身でも、
親を幸せにすることができれば
それは親孝行ですよね。

 

では、一体どうすれば
親を幸せにできるのか?
今日は親を幸せにする
7つの方法をシェアしたいと思います。

 

①親が欲しいものを知る

「経営は顧客を知ることから
スタートしなければならない」
これは経営学者である
ピーター・ドラッカーの言葉です。

顧客を知らなければ顧客を幸せにできないように、
親を知らなければ親を幸せにすることはできません。

まず親が何を欲しがっているのか
聞いてみましょう。
実現できるかどうかは考えず、
まずは知ることが大切です。

 

②感情を満たすこと

人は感情の生き物なので、
さまざまな感情を求めて生きています。

行動心理学では、
人間の感情的欲求を
以下の6つに分類しています。

1.安全(安心したい)
2.変化(○○が欲しい、△△したい)
3.承認(社会的に認められたい)
4.繋がり(孤独になりたくない)
5.成長(スキルアップしたい)
6.貢献(人の役に立ちたい)

親がどんな感情を求めているかを
会話の中から探ってみましょう。

例えば4の繋がりを求めていれば、
こまめに電話してあげるだけでも
立派な親孝行です。

 

③価値観を大切にする

誰でも自分なりの価値観を持っています。
価値観は人それぞれ異なるので、
親の価値観に同意できないことも
あるかもしれませんね。

しかし、自分もそう思うという点があれば、
その部分だけでも肯定してあげるといいです。

嘘をついたり親を無理にたたえる必要はありません。
尊敬できる部分を尊敬するだけで、
親は喜ぶのではないでしょうか。

 

④エピソードを伝える

親がしてくれたことが、
今の自分にどう影響しているかを
考えてみましょう。

例えば、今読書が好きなのは
小さい頃本を読んでくれたから、
という感じです。

このようなエピソードを伝えるだけでも、
言われた方は嬉しいと思います。

 

⑤今できることをする

「親孝行したい時に親は無し」
ということわざがあるように、
親はいつまでも生きているわけではありません。

親孝行に限らず、
やりたいと思ってたことをやらずに終わるのは
ものごとの常です。

いつかやりたいのであれば、
今やるべきだと思いませんか?
クオリティは低くていいんです。
行動することに意味があります。

まずは電話するだけでも
いいのではないでしょうか。

 

⑥準備をする

介護や医療などの問題はケースバイケースなので
その時にならないとわからないかもしれませんが、
今のうちからできることをしておいてもいいでしょう。

お金を蓄えておくこともそうですが、
本を読んで勉強しておくだけでも
いざという時の行動が変わってきます。

 

⑦健康を気遣う

自分が怪我をしたり病気になった時を
思い出してほしいのですが、
体の調子が悪いと不安になりますよね。

それは親も同じです。
歳をとればとるほど、
自分の健康状態について
不安を感じるものです。

なので、あなたが親の健康を気遣うことは、
ほとんどの親にとって嬉しいことなんです。
「体調大丈夫?」の一言も
立派な親孝行だと思います。

 

いかがでしたか?
繰り返しますが、
親孝行の本質は親を幸せにすること。
海外旅行をプレゼントしたり
孫の顔を見せたところで、
親自身が幸せな人生だと思わなければ
意味がないですよね。

 

そういった常識にとらわれず、
親を幸せにすることを考えることができれば、
発送も広がりますし、
親孝行のハードルも下がるのでないでしょうか。
参考になれば嬉しいです。

金川顕教

 

■■金川顕教の新しい書籍が出版されました■■

“人生はワンダフル!~Life is Wonderful!~”

内容紹介

ヤンキー高校で偏差値35の落ちこぼれから、
大学在学中に公認会計士試験合格。
入社した世界一の公認会計士事務所もすぐに退社して独立。
いまや社員なし・事務所なしで、年商10億円。
ビジネス書界を席巻する事業家・金川顕教が毎日考えていること、
口にしていること、実践していることを112の言葉に凝縮。
読んで実行すれば、誰もが夢の実現と成功に近づく!

ぜひ読んでみてください!!

購入はこちらから
⇒ http://akinori-kanagawa.jp/books/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

金川顕教 プロフィール



◉──経営コンサルタント、ビジネスプロデューサー、投資家、事業家、作家。 三重県生まれ、立命館大学産業社会学部卒業。 大学在学中に公認会計士試験に合格し、世界一の規模を誇る会計事務所デロイト・トウシュ・トーマツグループである有限責任監査法人トーマツ勤務を経て独立。

トーマツでは、不動産、保険、自動車、農業、飲食、コンサルティング業など、様々な業種・業態の会計監査、内部統制監査を担当。数多くの成功者から学んだ事実と経験を活かして経営コンサルタントとして独立し、不動産、保険代理店、出版社、広告代理店など様々なビジネスのプロデュースに携わる。

◉──「量からしか質は生まれない」をミッションとして、1人でも多くの人に伝えるために執筆活動を開始し、ビジネス書、自己啓発書、小説など多岐にわたるジャンルでベストセラーを連発させている。

著書に「チェンジ〜人生のピンチは考え方を変えればチャンスになる!」「年収300万円はお金を減らす人 年収1000万円はお金を増やす人 年収1億円はお金と時間が増える人」「財布はいますぐ捨てなさい」「初心者を代表して不動産投資について教わってきました!」(いずれもサンライズパブリッシング)「ラクラク・かんたん・超楽しい!はじめてのブックメーカー投資入門」(秀和システム)「すごい効率化」(KADOKAWA)「20代の生き方で人生は9割決まる!」(かんき出版)「これで金持ちになれなければ、一生貧乏でいるしかない。」(ポプラ社)「毎日チェンジ手帳」(扶桑社)「1時間で10倍の成果を生み出す最強最速スキル 時給思考」(すばる舎)「シナジー人脈術~最小限の力で最大限の成果を生み出すたった1つの方法」(あさ出版)「仮想通貨投資入門」(秀和システム)「ひとりでも、君は生きていける。」(学研)などがある。
PAGE TOP

8000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。