【本を出版したいと思って2年やっと本棚に名前が♪】

2年前なんとなく本屋さんに行ってふと思ったのが、

「人生一度きりだし一冊くらい自分の本出したい」でした。

そこからすぐ行動に移し、ネットで出版のことを調べたり、

出版セミナーに行ったり、出版のコンサルを受けたり、

企画書の書き方の本を読んだり、色々と出版について研究をしました。

いつも僕が本で伝えている通り、考えるのではなく、

うまく行っている人の「リサーチ」から始めました。

そこから2年経ち、出版した紙の書籍は16冊。

最初の1冊目の本を出版して本屋に並んだ時はやってよかったなと感動しました。

1冊出版したら次の目標を立てて、

いつか本屋さんに自分の棚を作りたい、

100万部目指したい、と思うようになり、

ずっと出版に関わっています。

今でも、同時並行で5冊以上進めています。

年末までスケジュールはほぼ埋まってます。

本は企画書作成から実際に本屋さんに並ぶまで時間がかなりかかるので、

事前の準備が大切なので、どんどん前倒しでやってます。

出版を通して大事だなと思うことは、

「先の将来を見据えて今行動すること」です。

仕事でも、副業でも、起業でも、なんでもそうですが、

先の将来を見据えて、どうなりたいか、どうしたいか、

どう生きていきたいか、そこを決めてから今、何をすべきなのか。

これが見えている人と見えていない人では、

今の時間の使い方、人との関わり方、仕事との関わり方は大きく変わります。

今が過去の積み重ねだとしたら、過去は変えることはできない。

でも、将来が今からの積み重ねだとしたら、将来はいくらでも変えることはできる。

いつか本出したいな、いつか起業したいな、

いつかニューヨークすみたいな、なんでもいいけど、

今できてないことを将来できるように想像することは、

非常に大切なこと。

出版は出版社との仕事なのでビジネスですが、

僕が出版をしたいと思ったのは、ビジネスきっかけではなくて、

本当にプライベート的な気持ちで本出したいながスタートです。

今まで自分が経験したことで一つでも世の中のためになったらいいな、

って思ったからやり始めたことです。

本棚に名前載せたい、100万部行きたい、といったときに、

そんなの無理だよ、やめたほうがいいよ、甘くないよ、

と言われることも多かったです。

僕はそういう意見は一切無視で、できるまでやりきるし、

仮にできなかったとしても、別に全力でやって結果でなくてもいいじゃんって考え。

結果が全ての世の中もあるけど、全力でやってダメならダメで本人が満足すればいいだけ。

結局、自己満足が一番面白いし、楽しい。

PS

やっぱ本棚に名前発見するとちょっと感動しました。

やってきてよかったなと。

年月をかけて頑張ったことが結果出すとやっぱ人間嬉しい、

受験とかに似てるのかな。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

金川顕教 プロフィール



株式会社Social River代表取締役。
三重県生まれ、東京都港区在住。

中学校のころ両親の離婚をきっかけにグレてしまいヤンキーになる。勉強は一切やらず、偏差値は35。しかし、そこから奮起し驚異の猛勉強。2浪を経て立命館大学に入学。大学在学中に三大国家試験、公認会計士の試験に合格、のち世界一の会計事務所デロイトトウシュトーマツに就職。「これで自分の人生はバラ色だ」と満足するも、3年後、「もっと自己成長して、自由になりたい」と考え始める。

そこから起業を考え始め、副業を開始するとなんと給料の10倍を稼いでしまう。これを機に、副業開始から4ヶ月後に会社に辞表を提出し、起業。
事務所なし、従業員なしの「一人会社」は年々売上をのばし、3年間で2億6600万円を売り上げる。今期で4期目を迎え、年商は5億円を見込んでいる。サラリーマン時代では想好きな時に、好きな人と好きなことをする、自由を日々満喫している。

2016年には初の紙の本「チェンジ~人生のピンチは考え方を変えればチャンスになる! ~」を出版。アマゾン本総合ランキング10位(漫画、絵本含め)、アマゾンビジネス部門1位、アマゾン本レビューランキング1位を獲得。店頭の書店では、総合ランキング1位と多くの人にその価値観が受け入れられている。都内の電車内や日経新聞でも著作が紹介され、もはや知らない人の方が少ないかもしれない。
電子書籍は月間ランキング1位、更に4冊の書籍は常にランキング6位以上を独占、累計6万部を優に超え、サラリーマンの多くに多大な影響を与えている。

あなたは「天才的なセンスを持ってるんでしょ、私とは違う」とわたしの印象を持つかもしれない。しかし、わたしの人生は、実際に山あり谷ありで誰よりも過酷だ。両親の離婚問題、偏差値35からの大学受験、養子問題、心はズタズタになるまで攻撃され、誰よりも精神的なピンチを味わってきた。それでもわたしは、『ピンチはチャンス』を合い言葉に逆境を乗り越えてきた。
わたしはあなたにもどんな逆境にも負けずに成功を勝ち取って欲しいと思っている。その活動の一環であるメルマガでは購読者が1万9千人を突破し、その教えで実際に成功を収めるものは数知れない。


現在は起業家の育成、経済的な自由という同じ志を持つコミュニティー運営に力を入れている。
PAGE TOP

8000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。