『プライドの高い人を蹴散らす方法』

親会社から新しい上司が来た。

 

目的は業務成績を高めること。

 

その日に
仕事の方針を大きく変えることとなった。

 

「親会社から来た〇〇です。
私のやり方を取れば、120%業務成績は向上します。」

 

これまでの仕事からガラッとスタイルチェンジしたから
毎日が必死だった。

 

取引先も最初は困惑していたが、
それでも納期に間に合えばいいとのことで、
しぶしぶ承諾してくれた。

 

3ヶ月後、
売り上げは、下がった。

 

親会社から来た上司は
顔を真っ赤にして怒り狂った。

 

「俺のやり方は正しい!!
成績が上がらないのはお前たちが無能だからだ!!!」

 

賑やかだった社内は
「シーン」と静まり返った…

 

金川です^ ^

 

この物語を読んで、
心が重く感じたら、一旦休憩をした方が
あなたのためかもしれません。

 

本日の内容は、
心臓の弱い方には刺激が強すぎる恐れがあります。

 

今すぐスマートフォンから
手を離したくなるかもしれません。

 

本当に勇気がある人だけ、
この先をお読みください。

 

それでは始めて行きましょう。

 

「俺のやり方は正しい!!
成績が上がらないのはお前たちが無能だからだ!!!」

 

という自分のことを棚に上げて怒りをあらわにする人が
あなたの身の回りにいませんか?

 

そういう人って、
正直、迷惑ですよね。

 

・自分のミスを絶対に認めない。

・注意すると、近くにあった椅子を蹴飛ばして威嚇する。

・ちょっと注意をしただけでも、逆ギレ。

・目上の人間にはいい顔して、下の人間にはボロクソ当たる。

 

こんなはた迷惑な人が近くにいたら、
迷惑することは確定していますよね。

 

毎日お腹が痛くて、胃薬を飲んでいませんか?

顔をあわせると冷や汗をかいていませんか?

心臓を鷲掴みにされているような
気持ち悪さを感じていませんか?

顔だけじゃなく、声を聞いただけで
拒否反応を起こしていませんか?

家に帰っても、
ずっとその人のことが頭にあるんじゃないですか?

 

もうストレスなんて生易しいものじゃない。
「恐怖」
ですよね。

 

今日はそんな恐怖を覚えているあなたに

『プライドの高い人を蹴散らす方法』

をお話ししていきます。

 

この方法を知ったあなたは、
これまで迷惑をかけられていたあの人を
一瞬で蹴散らすことができます^ ^

 

もう休みが終わるあたりから、
迷惑なあの人を考えなくて済みます。

 

迷惑なあの人が夢に出てきて、
汗ビッショになることもありません。

 

中毒かのように、
胃薬を大量買いすることもありません。

 

社内にいるとき、
心臓をドクンドクンさせることも無くなります。

 

どうやら迷惑な人っていうのは、
『プライドが高い』
ということがわかってきました。

 

プライドの高い人っていうのは、

自分の言動を否定されることを
極度に嫌がる人たちです。

 

これって
人間関係をこじらす
典型的な原因にもなります。

 

現にあなたも
恐怖心をもたらせているんですから。

 

自分の言動を否定されることを
極度に嫌がる人は、
自分の言動が間違っていることを
受け入れることができない傾向にあります。

 

自分の意見を押し通すことが悪い、
と言いたいんじゃありません。

 

僕が言いたいのは、

それに固執しちゃうと、
一瞬で「迷惑」な人間になってしまう、
ということを言いたいんです。

 

そういう人は
プライドが高くて、
意見を聞き入れることができません。

 

社内での衝突は、もちろん。
プライドが高い人は
プライベートでも衝突することが多発しています。

 

そういう人と付き合っていくのは、
本当に苦労します。

 

少しでも気に入らない言動をとると、
すごい剣幕で怒鳴るし、
感情をあらわにして全力で否定してきます。

 

そんなことされたら、
誰でも「怖い」って感じますよね。

 

それはすごく当然だと思います。

 

そんなプライドの高い
迷惑な人を蹴散らす方法があるんです。

 

それは

『褒めちぎる』

ことです。

 

プライドの高い上司から
「俺は国立大学での成績は
常に5本の指に入っていたんだぞ」

と言われたら…

「めちゃくちゃ努力されたんですね。尊敬します!」

「すごいっすね!」

「天才ですね!」

「部長についていけば、この会社は安泰ですね!」

などととにかく褒めちぎります。

 

するとプライドの高い人は、
トゲトゲしい態度が
徐々に落ち着く始めます。

 

もうあなたを悪く言いません。

あなたを叱責することも無くなります。

今までとは裏腹に、
優しい態度をとってきます。

 

そうなったら、
あなたの頭の中を侵略していたプライドの高い人を
一瞬で蹴散らすことができます。

 

褒めちぎると、
図に乗らせてしまうことになるかもしれません。

 

そうなったら、
あなたは毎日、
距離を取ってください。

 

どんなに権力がある人でも、
所詮は同じ人間です。

 

最初は褒めちぎられていて、
だんだん言われなくなると
寂しくなるものです。

 

ここまで至ったら、
あなたの頭からだけではなく、
社内からも、蹴散らすことができるかもしれません^ ^

 

もしかしたら、
恐怖があるあのプライドの高い人を褒めて
鼻をビヨーンと伸ばしている自分にムカつくかもしれません。

 

ただ、
褒められて気分を良くした天狗野郎を
あなたの手のひらで転がすことができるんです。

 

あの恐怖を覚えたプライドの高い人を
「わんわん」としっぽを振る犬と同じように
手懐けることができるとしたら、
これ以上スカッとすることはなくないですか?

 

最初はプライドの高い人を褒めることは
抵抗があるかもしれません。

 

それでしたら、
あなたの身近な人から褒めてみてはいかがですか?

 

そこで人を褒める練習をしてから、
あのプライドの高い人を褒めちぎってください。

 

そして、
飼いならしてください^ ^

 

そうなったら、あなたは
もう胃薬を買い漁らなくても、
迷惑なあの人が夢に出てくることも、
休みが終わる時に、胸が締め付けられることもなくなります!

 

あのプライドの高い人から
『恐怖』
を感じることも無くなります!

 

さあ、今すぐ褒めることを始めてください。

 

では、最後まで読んでいただいて
ありがとうございました。

 

共感してくださったかたは、共有。
感想をお持ちになってくださったかたは、
コメントいただけると大変幸いです。

 

スタンプだけでも、いただけると
大変励みになります。

 

2冊目の出版セミナーを
全国でやります!

 

懇親会もあるので、一緒にワイワイしましょう!
http://bit.ly/2fuSZCZ

 

※新刊は12/22頃発売の予定です。表示できました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

金川顕教 プロフィール



株式会社Social River代表取締役。
三重県生まれ、東京都港区在住。

中学校のころ両親の離婚をきっかけにグレてしまいヤンキーになる。勉強は一切やらず、偏差値は35。しかし、そこから奮起し驚異の猛勉強。2浪を経て立命館大学に入学。大学在学中に三大国家試験、公認会計士の試験に合格、のち世界一の会計事務所デロイトトウシュトーマツに就職。「これで自分の人生はバラ色だ」と満足するも、3年後、「もっと自己成長して、自由になりたい」と考え始める。

そこから起業を考え始め、副業を開始するとなんと給料の10倍を稼いでしまう。これを機に、副業開始から4ヶ月後に会社に辞表を提出し、起業。
事務所なし、従業員なしの「一人会社」は年々売上をのばし、3年間で2億6600万円を売り上げる。今期で4期目を迎え、年商は5億円を見込んでいる。サラリーマン時代では想好きな時に、好きな人と好きなことをする、自由を日々満喫している。

2016年には初の紙の本「チェンジ~人生のピンチは考え方を変えればチャンスになる! ~」を出版。アマゾン本総合ランキング10位(漫画、絵本含め)、アマゾンビジネス部門1位、アマゾン本レビューランキング1位を獲得。店頭の書店では、総合ランキング1位と多くの人にその価値観が受け入れられている。都内の電車内や日経新聞でも著作が紹介され、もはや知らない人の方が少ないかもしれない。
電子書籍は月間ランキング1位、更に4冊の書籍は常にランキング6位以上を独占、累計6万部を優に超え、サラリーマンの多くに多大な影響を与えている。

あなたは「天才的なセンスを持ってるんでしょ、私とは違う」とわたしの印象を持つかもしれない。しかし、わたしの人生は、実際に山あり谷ありで誰よりも過酷だ。両親の離婚問題、偏差値35からの大学受験、養子問題、心はズタズタになるまで攻撃され、誰よりも精神的なピンチを味わってきた。それでもわたしは、『ピンチはチャンス』を合い言葉に逆境を乗り越えてきた。
わたしはあなたにもどんな逆境にも負けずに成功を勝ち取って欲しいと思っている。その活動の一環であるメルマガでは購読者が1万9千人を突破し、その教えで実際に成功を収めるものは数知れない。


現在は起業家の育成、経済的な自由という同じ志を持つコミュニティー運営に力を入れている。
PAGE TOP

8000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。