『サイコパスの隠された秘密』

金川です。

 

 

優秀な経営者は

『サイコパス』

が多いと言われています。

 

 

サイコパスとは、

反社会的な人格となる心の病気の一種。この障害を持つ人は感情が希薄で、他人に共感する能力に乏しいのが特徴。

とウィキペディアには載っています。

 

 

簡単に言えば、決断を下す時に『感情をいれない』人を指しています。

 

 

僕たちは、1日に4万回決断をしていると言われています。

意識が及ぶ決断もありますが、90%は潜在的なので、意識のないうちに4万回しているわけです。

 

 

ご飯を食べるか、食べないか。

今日の服装はどうしようか。

右足から進みだして歩こう。

とか、無意識的にもたくさんしているので、数え出せばきりがありません。

 

 

あなたの生活がどうやったら、理想の生活に変わっていくか。

そのためには、この4万回もの決断をできるだけ良い決断をたくさんすることが重要です。

 

 

「今、超幸せです!」

という人は、過去良い決断をしてきたのでしょう。

 

 

逆に、

「今は、最悪。。。」

という人は、悪い決断をしてきたんです。

 

 

でですね。

良い決断をする回数って限られてるって聞いたらびっくりしますか?

 

 

実は、これは本当の話らしくって、人間が良い決断ができる回数って限りがあるんですって。

だから、全部の決断を良いものにしようとする必要はないってことです。というより無理。

 

 

例をあげれば、

Facebookのマークザッカーバーグさんとか、Appleのスティーブ・ジョブズさんって、ダサい服着てますよね。

いつも同じ服を着ています。

 

 

それは、大事な時に正しい決断を下すために、自分のゴールに不必要なところでは『決断の回数を減らす』ことを意識しているからだそうです。

 

 

簡単に言えば、「今日は服、どうしよう」と決断することをやめるためということ。

 

 

なぜ、決断の回数を減らすのかというと、『決断=思考のエネルギーを使用する』からです。

 

 

全てに良い決断をすることはできません。良い決断ができる回数は限られています。

 

 

だから、目標を達成するためにキーになる良い決断をするときのために、決断する回数を減らしておいて、エネルギーを保存しているということです。

このエネルギーは文字どおり、携帯の充電と同じように、減ったり増えたりします。

 

 

イメージで言うと、夜21時から2時間くらい電話ミーティングがあるから、充電を十分に残しておく必要がある。

だから、余計なスマホアプリや、ネットはしごをしないようにしておくという感じです。

 

 

「あ!!!充電すんの忘れてた!!」

と言って、朝目覚めて、出発する時にありませんか?

 

 

僕もついやっちゃいます。疲れて寝ちゃって、起きた瞬間に充電のこり13%とか。

実は、この現象は、僕たちのエネルギーも同じで、ちゃんと充電をしないと、0%になります。

0%になったら、決断なんてできる状態ではありません。

 

 

どうしたらいいのかというと、朝起きてから1時間以内が重要です。

クレームの電話で起きたら、その日はおしまいです。笑

 

 

寝坊して、パンをくわえながら出勤したら、ついていないことばかりがおきます。

 

 

逆に、目覚ましがなって、気持ち良く

「は〜〜朝か〜〜今日も1日がんばるぞ〜」

と言って、ゆったり起きれた日は、最高の決断ができる日です。

 

 

朝の運動をしたり、起きた瞬間に天然水を飲んだり、朝スムージーを飲んだり、そういうことをするともっといいです。

その日、良い決断ができるかどうかは、朝が重要ということですね。

 

 

成功者たちは、人それぞれ違えど、独自のルールを守っていて、エネルギー値を最高値まで向上させています。

無駄なところに、エネルギーを浪費しないように気をつけています。

 

 

だからスティーブジョブズは同じ服をいつも着ていたんですね。

そして、いつも感情が動かないように、ハイエネルギーを保つための環境を整えているのです。

その延長線上がサイコパスになっていきます。

 

 

経営者目線で言えば、感情を入れてしまえば、目標を達成するために最良の決断ができない。ということですね。

成功者の全員が常にサイコパスではないと思いますが、少なくとも大事な瞬間だけサイコパスになって決断することはしていると思います。

そうしないと、目標達成はできないです。

 

 

前に、YESの重要性を語った文章も書きましたが、その話にも今回の話は連動しますね。

最高のYESをするために、常に準備をしておかないと、良い決断はできないということです。

 

 

なので、思考のエネルギーの変動を気にしてみたらいいと思います。

ポジティブな気持ちに満たされているときは、いい決断ができます。

 

 

そのために、朝から自分の環境を整えていくことを意識してみてください。

 

 

では、最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 

 

感想・学びがあったら、コメントしてくれると嬉しいです。^^
友達にもこの投稿を読んで欲しいと思ったら、[共有]を押してくれると嬉しいです。^^

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

金川顕教 プロフィール



株式会社Social River代表取締役。
三重県生まれ、東京都港区在住。

中学校のころ両親の離婚をきっかけにグレてしまいヤンキーになる。勉強は一切やらず、偏差値は35。しかし、そこから奮起し驚異の猛勉強。2浪を経て立命館大学に入学。大学在学中に三大国家試験、公認会計士の試験に合格、のち世界一の会計事務所デロイトトウシュトーマツに就職。「これで自分の人生はバラ色だ」と満足するも、3年後、「もっと自己成長して、自由になりたい」と考え始める。

そこから起業を考え始め、副業を開始するとなんと給料の10倍を稼いでしまう。これを機に、副業開始から4ヶ月後に会社に辞表を提出し、起業。
事務所なし、従業員なしの「一人会社」は年々売上をのばし、3年間で2億6600万円を売り上げる。今期で4期目を迎え、年商は5億円を見込んでいる。サラリーマン時代では想好きな時に、好きな人と好きなことをする、自由を日々満喫している。

2016年には初の紙の本「チェンジ~人生のピンチは考え方を変えればチャンスになる! ~」を出版。アマゾン本総合ランキング10位(漫画、絵本含め)、アマゾンビジネス部門1位、アマゾン本レビューランキング1位を獲得。店頭の書店では、総合ランキング1位と多くの人にその価値観が受け入れられている。都内の電車内や日経新聞でも著作が紹介され、もはや知らない人の方が少ないかもしれない。
電子書籍は月間ランキング1位、更に4冊の書籍は常にランキング6位以上を独占、累計6万部を優に超え、サラリーマンの多くに多大な影響を与えている。

あなたは「天才的なセンスを持ってるんでしょ、私とは違う」とわたしの印象を持つかもしれない。しかし、わたしの人生は、実際に山あり谷ありで誰よりも過酷だ。両親の離婚問題、偏差値35からの大学受験、養子問題、心はズタズタになるまで攻撃され、誰よりも精神的なピンチを味わってきた。それでもわたしは、『ピンチはチャンス』を合い言葉に逆境を乗り越えてきた。
わたしはあなたにもどんな逆境にも負けずに成功を勝ち取って欲しいと思っている。その活動の一環であるメルマガでは購読者が1万9千人を突破し、その教えで実際に成功を収めるものは数知れない。


現在は起業家の育成、経済的な自由という同じ志を持つコミュニティー運営に力を入れている。

今日

まだデータがありません。

週間

まだデータがありません。

PAGE TOP

8000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。