《サラリーマン最強説を活用して不労所得を得る方法》

サラリーマン最強説をご存知ですか?

 

 

 

 

よく、「お金持ちになりたいなら、自由な時間が欲しいなら、会社を辞めるべき」

と考えがちですが、今、サラリーマン最強説が世間を賑わせています。

 

 

 

 

どうやら、サラリーマンにしかない権利を献上するだけで不労所得を獲得することができる。というのです。

 

 

 

 

あなたが行うべきことは、会社に勤めながら、不労所得の入金を確認して、ニヤニヤするだけです。

サラリーマンにしかない権利を献上するだけで、月10万円以上の不労収入が確定してしまうのです。

最強です。

 

 

 

 

これはなんなのかと言うと…ずばり、不動産です。

 

 

 

 

サラリーマンであり、年収650万円以上(理想は700万円以上)であれば、それを証明するだけで、不労所得が確定します。

※年収500万円でも夫婦合算で800万円以上とかあれば可能性あります。

 

 

 

 

残念ながら、起業家や事業主は信頼が低いので、年収があっても難しいです。

金川顕教が会計士時代に犯した唯一のミスです。

 

 

 

 

サラリーマンで年収650万円を超えているあなただけにある、権利、というわけです。

この権利さえ持っていれば、特別待遇で1億円もの資産を一瞬で築くことができます。

老後も安泰です。

 

 

 

 

不動産投資について、詳しく話した動画を用意しているのですが、まずはこれで勉強してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

ただし、この動画は上記で話した権利を持っている人でなければ、なにも意味をなしません。

権利をお持ちの方のみ、このLINEに「権利あり、不動産投資の動画をください」

 

 

 

 

PS

 

権利は、

会社員であること

年収が650万円以上であること(または夫婦合算で年収800万以上あるなど)

 

 

 

 

PPS

 

フェイスブック、フォローまだの方はぜひフォローください。
https://www.facebook.com/akky.0226

インスタグラム、もやってますのでぜひフォローください。
https://instagram.com/akinori_kanagawa/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

金川顕教 プロフィール



◉──経営コンサルタント、ビジネスプロデューサー、投資家、事業家、作家。 三重県生まれ、立命館大学産業社会学部卒業。 大学在学中に公認会計士試験に合格し、世界一の規模を誇る会計事務所デロイト・トウシュ・トーマツグループである有限責任監査法人トーマツ勤務を経て独立。

トーマツでは、不動産、保険、自動車、農業、飲食、コンサルティング業など、様々な業種・業態の会計監査、内部統制監査を担当。数多くの成功者から学んだ事実と経験を活かして経営コンサルタントとして独立し、不動産、保険代理店、出版社、広告代理店など様々なビジネスのプロデュースに携わる。

◉──「量からしか質は生まれない」をミッションとして、1人でも多くの人に伝えるために執筆活動を開始し、ビジネス書、自己啓発書、小説など多岐にわたるジャンルでベストセラーを連発させている。

著書に「チェンジ〜人生のピンチは考え方を変えればチャンスになる!」「年収300万円はお金を減らす人 年収1000万円はお金を増やす人 年収1億円はお金と時間が増える人」「財布はいますぐ捨てなさい」「初心者を代表して不動産投資について教わってきました!」(いずれもサンライズパブリッシング)「ラクラク・かんたん・超楽しい!はじめてのブックメーカー投資入門」(秀和システム)「すごい効率化」(KADOKAWA)「20代の生き方で人生は9割決まる!」(かんき出版)「これで金持ちになれなければ、一生貧乏でいるしかない。」(ポプラ社)「毎日チェンジ手帳」(扶桑社)「1時間で10倍の成果を生み出す最強最速スキル 時給思考」(すばる舎)「シナジー人脈術~最小限の力で最大限の成果を生み出すたった1つの方法」(あさ出版)「仮想通貨投資入門」(秀和システム)「ひとりでも、君は生きていける。」(学研)などがある。
PAGE TOP

8000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。